やる気はあるんだけど進めないのは大切な1つの事が分かっていない!気が付いて

シェアする

若い女性 悩み

スポンサーリンク

セミナーや塾に参加して話を聞いて感銘を受けて「やる気」は出るんだけどなぜか進まない。何もやらない。こ
んなことを繰り返している。

こんな経験が皆さんにはないだろうか?

一度や二度なら良いが流石に何回も同じだと自分の不甲斐なさを感じる。

でも、こんな時がチャンス!

悩まなくなったらお終いです。

皆さんの参考になると思うので是非この先を読んで頂きたい。

僕が前職の社員時代、上司は社長だった。

要求水準が高くて、言われている事は理解出来てもなかなか進まない毎日だった。

時には彼に不満を持ったり、嫌いだと思ったり、周りに愚痴る事もあった。

僕にも大勢の部下がいたので結構顕著にあらわれた。

僕が社長に不満を持っている時や言い訳がある時は部下は誰でも言う事を聞かなくなる。

ただ、社長の言う事を聞いて動いている時は部下の状態も良いし、店舗の数字も良くなる。当然、自身の仕事も進むのである。

この現象にはいつも不思議だと思っていた。

ある時、社長にこんな話をされた。

『僕は君がダメになる作業指示や命令や話は絶対にしない。必ず君が良くなる為の話を君にはしている。なぜならば僕にとって君がダメになる事は僕にとっても会社にとっても損だから』

なるほどと思った。

これって、僕が会社に言われて参加しているセミナーの講師も同じだと思った。

聞く人がハッピーになればその後も講師にとっては絶対に美味しいのである。

それからは、僕は多少自分の考えと異なっても必ず人がわざわざ言ってくれる課題を消化する事にした。

自分に力がついている事を実感した。

僕の基本的な考えは「文句や否定はやってから言う」なんです。

そして、仮に騙されても結果が出なくてもマイナスは僕にはないのである。仮に進んだり、結果が出ればプラスなのである。

僕は前職で「研修センター長」と言う仕事をしていた事がある。

新卒の導入研修をして、その後、人事配置する仕事である。二週間あって、その中で研修生の値踏みをして人事配置する。

その日の研修が終わって、明日の為の考査(テスト)の勉強をもくもくといている。終わった人間は講師室で酒を飲んで講師らと語り合う。

その時に僕がいつも意識していたのは….

研修生に「信頼」してもらえるように努める。

これが出来た人間は日々進化する。たった二週間の研修だが研修センターで寝起きを一緒にして勉強して語り合うだけで人は変わる。

ちなみに僕は出来なかった事が出来る事を「進化」と呼んでいる。

「豊か」を求める人間には最高の事である。

つまり、僕らが「信頼」してもらえれば受講生が「進化」する可能性が高いのである。

また、後で詳しく、このブログにも書いて行こうと思うが「信頼」とはこんな解釈をしている。

信頼とは「未来の行動」を期待するもの。物理的ではなく「精神的」な気持ちが伴う事が多い。

過去の実績や業績、あるいはその人の振舞を見たうえで「任せてもちゃんとしてくれる」や「打ち明けても大丈夫だろう」と未来の行動を期待する事を表している。

ここまで書くと勘の良い人間は大事な事に気が付いたと思う。

僕は研修センターで店舗で働く「マネジャー」を養成している。

彼らは研修を終えると配属の店舗へ行き「店長代理」として赴任する。

この時に彼がとって一番必要なものは…

『信頼されること』

ただ、信頼される為には誰かの事を信頼して言われた事を行動した経験が非常に大事。

この経験値が高ければ高いほど信頼される可能性は高くなる。

例えば、僕が言う事をそのまま実行してある成果が出る人間がいるとする。しかし、同じ話を聞いても実行できない人や自分なりのオリジナルで行動する人間は結果成果は出ない。

僕の言っている事が正しいとか正しくないと言う次元ではなく、僕の言った通りに行動して小さくても良いので「成果」が出たら僕に対してどんな感情が出てくるだろうか?

この人の言う事を聞いていれば間違いはない

これを得た人間はこれを使ってマネジメントするようになる。

会社の経営をしたり、マネジメントしたりして上手く行く人はこんな事を熟知している。

僕が社長の言う事を聞いて素直に信頼して行動している時はマネジメントが上手く行くから部下も数字も動く。

凄くシンプルな話なのである。

知っている人もいると思うが僕が主催している研究会がある。

全国から店舗経営者中心に様々な経営者・開業予定者が集まってくる。

僕の事を「信頼」して行動してくれる順に「成果」を出しているし、マネジメントも上手い。

会員の部下に会えばすぐに分かる。(笑)

でも、人間は大人になっても反抗期があるのは僕も理解している。

特に店舗経営は「マネジメント」以外で数字好転は難しいのでマネジメントの起点としての「信頼」を得て欲しいと思って活動している。

人から言われた事をそのまんま実行する能力

アドミニストレーションやマネジャースペシャリストにとっては非常に大切な作業である。

特に経営すると誰かも何も言われないので全くマネジメントが使えない状態になって行くので僕のやっている研究会に入会して一度しかない経営人生でトライしてみるのは損ではないと思う。

なぜならばマネジメントを体感で教える研究会や塾なんて…日本にはないから!

教えてもらえる人の事を「信頼」して動ければ勝手に進んでいる自分がいるはず。自分の範疇だけで経営やマネジメントしていてもマネジメントスキルがあがる事は一生ない。

kazuhiko ono
店舗経営意匠、売り方、人間、教育、WEBマーケティング、多店舗展開、チェーンストア、ブログ、スーパーバイジング、明日の店舗経営研究会(アスケン)。

オファーが多い為に店舗のコンサルティングは受付出来る見通しがたちません。、申訳ございませんが受付を停止しております。ご了承下さい。

今はアスケンのメンバーに僕の全てをインストールして全員で「豊か」を目指しています。まだメンバー枠がありますので興味ある方はこちらに参加して下さい。

このブログの最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう