人間は変われるのか?過去がどうであれ変われるのか?答えを出す

シェアする

doa

スポンサーリンク

僕は変われないと思っていたけど、変われると言う人に会った。そして僕は変わった

いつしか僕は人を良く変えようと思って活動している。

心理学者や哲学者もいろんな意見を出しているが…

『人生なんて過去の因果でおおよそ人格や性格が決まると思っている人が多い』

僕もそう思っていた。

何か頑張っていれば良い事が起きそうな感じを思っていた。

ただし、前職に就職して部下を持って気が付いた事があって勉強させられた。

人間は非常にシンプルに出来ている

と言う事だ!

①『いつも店長会議に参加しない社員がいた。その店長はシフトが回せないと言って、いつもシフトの回し方を教えて下さいと言う』
②『僕は××さんのようなマネジャーになりたいけど彼はやっぱりおいたちが良いんだよなぁ』
③『エリアマネジャーはシフトに入らないで生産性の高い仕事をしろと言うと余計にシフトに入って大変さをアピールする人がいる』

おそらく皆さんの周りにもいるはずだ。

①は自分にシフトを回す技術を教えてくれないから店長会議に参加出来ないと思い込ませている。ただし、実際に僕がシフトをつくって彼の時間をあけて上げたら体調不良で店長会議を欠席した。彼の店舗は数字がいつも悪かった。

②は大嘘です。これによって自分を防御している。

③はシフトから離れてマネジメントする事が良く分からないからアリバイのシフトインをして更に誇張するようにシフトに入ってアピールする。

こんな行動は「目的意識」的に動いている。

実は「原因」はない。

もし、過去の原因でこのような行動をしているのであれば、話は確実に「決定論」に行き着く。私たちの現在、未来は全て過去の出来事によって決定済みなのか?少し考えてみれば直ぐに分かる。

僕は人に教える時、人を変える時には人間は「目的論」で行動していると思って対処している。

これはほぼ間違いないと感じている。

人間は思っていないことは行動しない

非常にシンプルである。

僕のところには全国から「豊か」になりたいと言って訪れる。

では、どんな人が「豊か」を得れるのだろうか?

流石にこのページだけで理解するのは難しい。そんな人は是非サイドバーにある「いいね」ボタンをおしておこう!

新しい記事を更新すると更新のメッセージが届くので楽しみに待っていて欲しい。

読み続けていけば「豊か」になれるはずである。

今日理解して欲しいのは「豊か」でない人は自分の意志で「豊か」になっていないだけである。

kazuhiko ono
店舗経営意匠、売り方、人間、教育、WEBマーケティング、多店舗展開、チェーンストア、ブログ、スーパーバイジング、明日の店舗経営研究会(アスケン)。

オファーが多い為に店舗のコンサルティングは受付出来る見通しがたちません。、申訳ございませんが受付を停止しております。ご了承下さい。

今はアスケンのメンバーに僕の全てをインストールして全員で「豊か」を目指しています。まだメンバー枠がありますので興味ある方はこちらに参加して下さい。

このブログの最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう